あなたの姿勢はどれに近い?

「理想の姿勢」と代表的な「不良姿勢」をまとめてイラスト化してみました。

あなたはどの姿勢に近いですか?

サロンに来られるお客様の中には「少し姿勢は悪いけど。。。そこまで悪いと思ってなかったわ」と、自分の姿勢がどうなっていて、どれぐらい理想から離れているのか、分からない方もいらっしゃいます。

そして、

「姿勢が悪い」ことが身体の不調にすごく影響している。。。

と、気づいていない方も多いのですが、あなたはどうですか?

まずは、イラストでチェックしてみてくださいね。各不良姿勢の説明や身体のどの部分に影響してきやすいのかとか、伸ばしたり鍛えたりしたらいい筋肉なども、別の記事でご紹介していきますので、良い姿勢になりたい方は是非ご覧ください。

姿勢チェック

いかがですか?

「あ~私はこの姿勢に近いわ~」と思う姿勢ありましたか?まずは、あなたの今の姿勢がどうなっているか気づくことが大切です。

骨盤が前傾しているのか、後傾しているのかで、やるべきストレッチが変わってきたり、世間をにぎわす健康法があっているのか、あっていないのかが変わってきます。

でも、なかなか自分では分からないわ~と、思われる方は、ちゃんと親身になって身体を見てくれる先生やセラピストを見つけることをおススメします。

姿勢が悪いとそんなにダメなの?

姿勢の悪さが気になっている方が読まれていることを前提でお話を進めていますが、姿勢が悪いとそんなに悪いの?って思っていませんか?

姿勢が悪いことで起こる弊害は上げればきりがないと思っている私なのですが。さくらどろっぷに来られるお客様の「姿勢の悪さ弊害トップ3」をご紹介いたします。

  1. 猫背からくる首・肩こり
  2. 背中の張り
  3. 慢性的な腰痛

とても、ありがちな結果ですが、ほとんどあてはまりませんか?姿勢を悪くさせている要因は人それぞれ違いますので、どうしたら自然に姿勢が良くなるかのアドバイスはここでは割愛いたします。

このありがちな結果から、さらに様々な痛みや冷え、むくみ、頭痛、だるさ。。。などなど普段悩まれていることに結びついていきます。すべての身体の不調は姿勢の悪さからくることがほとんどなんじゃ。。。と、思ってしまうわたくしめでございます。

あ、もちろん、食の影響などもかなりありますので、姿勢だけとは一概には言えませんよ。

では、次の記事(準備中)では不良姿勢の説明をしていきたいと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

お腹がポッコリと膨らんでくる原因やこの不良姿勢の方がもみほぐしなどのお店へ行くときに気を付けて欲しいポイントをご紹介しています。
スポンサーリンク

役に立ったと思ったらシェアお願いします。

フォローお願いします。

トップへ戻る