○○ながら出来る筋トレ&ストレッチ

筋トレ&面倒くさいこと大嫌い。楽ちんにこだわるセラピスト奥野です。笑

とにかく筋トレが昔から嫌い。性格ヘタレすぎると自分で思うのですが、〇〇しながら出来ることは続けられると気づきました。

私のながらストレッチは、生活の中の動作と組み合わせてやる方法。正しい姿勢になるためには、凝り固まった筋肉を伸ばさないといけないこともあるので、結構しんどいです。かつ、弱い筋肉も強くする必要があるので、ながらストレッチで、疲れたら楽な姿勢で休憩。そんなことを毎日 ”歩きながら、、、座りながら、、、立ちながら、、、”  筋トレやストレッチの時間をわざわざ作ることなく、自然と生活の中でできるように心がけています。

ながらストレッチ&筋トレ最高!

歩きながら

写真は立ったままですが、お客様にお伝えするときは、校長先生歩きしてくださいね!とお伝えしています。

肩を下げて、手の甲をおしりに当てながら胸を張ることで、肩が巻かずに綺麗に大胸筋が伸ばせます。ついでに、下腹部に力を入れながら歩ければなおGOOD!私は、信号で止まった時なんかに、お腹に力をいれています。詰まりぎみの背中も気持ちいいですよ!

歩きながら大胸筋ストレッチ 歩きながら大胸筋ストレッチ 歩きながら大胸筋ストレッチ

座りながら

一日のうちで、座っている時間どれぐらいありますか?

デスクワークの方は恐らく、一日最低7、8時間は座っているのではないでしょうか?事務仕事をしたことがないので正確なところは分かりませんが。。。今の仕事で、空いている時間があれば、パソコン作業をしているので、座っている時間はかなり長めです。

で、今年の3月ごろ、座りすぎによる骨盤の緩みで激しい腰痛になりました。いきつけの先生に、座りすぎよ!と言われて、びっくりしました。凝りすぎが原因だと思っていたので、ストレッチを良くしていたのですが、改善せず「おかしいなぁ~」と思っていた疑問がスッキリ解消です。100均の骨盤ベルトでかなり改善しました。

座ることが今かなり問題になって来ているようです。座り過ぎの時間が日本人は第一位のようです。なるべく座りっぱなしをしないに越したことはないのですが、座ることは辞められないので、座りながらできることを考えていきましょう。

↓ 慣れた姿勢は不良姿勢です。

座りながらの姿勢

↓骨盤が後傾し、猫背がきつい方は、正しい座り方がかなりしんどいとお聞きします。逆に背中が張ってしまってしんどくなるので、続けられないと良く聞きます。

私は、逆にそのしんどい状態を利用して、仕事しながら筋トレしています。長時間続けるのは確かにしんどいですので、休憩をしながら続けています。

出来ることは、大胸筋ストレッチ・写真では行っていませんが、太ももや腰のストレッチもできます。腹筋を鍛える筋トレは骨盤を立てるときに、お腹に力を入れて、骨盤がまっすぐに立つようにお腹と背中のバランスを取ります。そしたら色々と一石二鳥・三鳥ですね。

座りながらの姿勢

一番いいのは、座りっぱなしを続けないと意識に組み込むこと。時々立ち上がって歩いたり、屈伸したり、伸びをしたりと違う姿勢になることを心がけてくださいね!

立ちながら

立ちながらという状況が私にはほとんどないのですが、昔、電車通勤をしていた時、その通勤時間を利用して、O脚を治したことがあります。軽く屈伸すると膝と膝がくっつきますので、そのままゆっくりと両脚をまっすぐにしていくというやり方がありますよ。軽いO脚の方はやってみてくださいね!

今は、信号待ちなどの時に、両脚の親指だけで立つことで、太ももの内側を鍛えたり、体幹のバランスを取ったりしています。

生活の動作筋トレ&ストレッチ、本気でやるとかなり効果があると実感しております!

立ちながら筋トレ

まとめ

今回は私が日々行っていることをご紹介しましたが、動きのスタイルは人それぞれ違いますので、あなたの生活にあった、出来ることを見つけていかれることをおススメ致します。

日々のメンテナンス無くして、真の健康はなし! 今日も身体を伸ばしていくでーーー!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

役に立ったと思ったらシェアお願いします。

フォローお願いします。

トップへ戻る