「呪」を掛けて健康に!

「いってきま~す」

「ただいま~」

日本人なら人生で一度は言ったことがある言葉ですよね?

これ言霊って知ってますか?

言霊って、自分の吐いた言葉が、力を持って何かの作用をするってことですよね。「行ってきます」は「行きます」と「帰って来ます」が組み合わさったもので、大切な人に「必ず帰って来ますからね」と約束をして、ちゃんと戻ってこれるように自分に暗示をかけている、そんなイメージでしょうか。

さてさて、

言葉の力で好きな本があります。夢枕獏先生の「陰陽師」シリーズを読んでいると良く出てくる「呪」を掛ける、という言い回しです。呪いという言葉を使うので、ネガティブなイメージがありますが、実はそうではなくて、呪=言葉という感じです。

例えば、私は奥野という名前ですが、名前がないと私という人物があやふやです。誰も私を特定できず、何もないものと同じです。呼ぶ時も「あの~」とか「あ、そこの人」みないに呼ばれますよね。笑 そこに、奥野という名前を付けることで、あぁこの人は奥野という人なんだなと、形が出来上がります。何もない私に「奥野」という命を吹き込むというイメージでしょうか。

逆に、「奥野」という名前に縛られてしまうことがあります。「名は体を表す」といいますよね。「名前に負けている」と言われたりすることもあります。私の下の名前は登世子です。両親が世界に登るような子に育ちますように。。。と、付けたそうですが、まだ世界には登れていないので、「名前負けしてんな、自分」って時々思います。

若いころは、早く世界に進出しなくては。。。と真剣に焦っていたこともありました。まさに、言葉に呪いをかけられているという感じでした。

実は、この「呪」を掛けるという作業、ほとんどの人が、無意識でやっています。あなたは、自分のことをどう思っていますか?または、どう言ったり、私はこういう人なのよ~と、どのように人に言ったりしてますか?

繰り返し、繰り返し。。。

ネガティブに言っている人が多いように思うのですが、日本人でよく聞くのが、謙遜しすぎて「私には無理よ」「私になんかにできるはずがないわ!」「私頭が悪いから」とかなんとか。。。

これが実は自分で自分に「呪」を掛けているんです。言霊は言葉を発するときの振動が伝わることで力を発するので、自分の吐いた言葉の振動が自分に伝わり、言葉通りの自分に作り上げていく。。。

「あ~怖い、怖い」

でも、そんなに悲観することはなくて、この言葉を逆にすればいいだけだと思いませんか?例えば私は「私は風邪をひかない」「私の行動力は半端ない」「私は浄化能力が高い」「私は元気」などという言葉をことあるごとに吐き続けています。

おかげさまで、私から元気をもらいに来て下さるお客様がたくさんいらっしゃいますよ。私の元気は無限に溢れています。笑

最近は教えて頂いた魔法の言葉「ついてる!ついてる!」もつぶやいています。 この言葉本当に効果がすごくてびっくりしますよ!

こんばんわ! もりえちゃんです( ´ ▽ ` )   今日こんなに可愛いイラストを頂いちゃった///…

「ついてる」もすごいですし、「私は元気」という「呪」を自分にかけるのも効果絶大です!あ、これ最初のコツなんですけど、どちらも言葉を発するって最初は恥ずかしいんです。しかも、否定的な自分が邪魔をしてきたりもします。そんな思いたちはぜ~んぶ、無視して、とにかく声を出して言ってみてくださいね!

元気になること間違いなし!

今日も幸がありますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ご意見・感想・質問・間違いなどがございましたら、コメント頂けると幸いです。

  陰陽師

著者:夢枕 獏 ★4.3

陰陽師で出てくる阿倍野晴明もかっこいいが、その親友の源博雅がまたかっこよすぎて惚れました!

スポンサーリンク

役に立ったと思ったらシェアお願いします。

フォローお願いします。

トップへ戻る