背骨まっすぐ過ぎもダメなんです

一見姿勢よく見えるまっ平らな背中。。。

実は疲れやすい背中って知ってますか?

あなたの背中がまっすぐ過ぎないかチェックしてみよう 

不良姿勢②とは

◎腰の骨が平坦(弯曲がない)

◎頭が前に突き出している

◎背中上部は曲がり、中頃から平坦(猫背)

  チェックポイント:壁からかかとを5~7cmほど離して立ち、頭・背中・おしりを壁にぴたっとつけてみたくださいね。骨盤が後ろに傾いていると(後傾)壁と腰の隙間に余裕がほとんどなく、手が途中で引っ掛かってしまいますよ。

不良姿勢 平背型

背中がまっ平らだと何故だめなの?

本来、美しい姿勢だと、背骨はS字カーブになっています。

このS字カーブがあることで、腰の衝撃を吸収してくれるので、腰痛に悩むことなく、日々を楽しく過ごせます。正確には椎間板と弯曲のおかげなんですが。

医学の父、ヒポクラテスさん曰く「骨の歪みから病気が発生する」のだそうですよ。紀元前のお医者様がすでに背骨の重要性を説いていたというのは、驚きです。なのに、「骨の歪み=姿勢の悪さ=辛い症状」心のどこかでは分かっているのに、ついつい「楽な姿勢=悪い姿勢」でい続けてしまうのは、人間の心の弱さなのか、重力のせいなのか、二足歩行になった進化のせいなのか、便利になり過ぎた人間の文化のせいなのか、日本人の性分のせいなのか。。。

答えは分かりませんが、背骨が歪んている日本人が増え続けていることだけは事実です。

もう少し具体的な症状をお伝えします

  腰椎椎間板ヘルニアになりやすい

  偏頭痛や顎関節に伴う痛みなど

  やる気がなくなる

若い方の背骨のまったら化が進んでいるようですね。運動することが減り、ゲームやスマホ・パソコンをする時間の増加などで、筋肉を使うことが減り、本来の美しい人間の姿勢が変化しています。上でも書きましたが、姿勢にたいして、あまり意識することがない私たち日本人ですが、昔の武士や武道に携わっている方々はとても姿勢がいいように思います。

侍魂というか、武道の教えというか、日本の伝統的なことに携わることで、美しい姿勢や強い精神が取り戻せるような気がします。

少し話は変わりますが

数年前に、駅のホームで時間待ちをしている時、目の前を歩く人々の姿を見ていたのですが、なんと20人ほど通り過ぎたうち、ほぼ殆どの人が猫背だったという。。。日本人の姿勢の悪さに驚いたことがあります。

猫背

背骨の歪みは、身体だけではなく心への影響も心配されています。脳と内臓と身体の各器官へ背骨を通って情報が伝達されていきます。その背骨が歪むということは、正しい情報が伝達されなかったり、遅れたり、伝達が乱れたりと身体と心への影響は計り知れません。

背骨の歪みを治すには、専門の治療家さんに頼んだ方が安心です。激安店の闇ですが、素人がたった数週間学んだだけで、現場に出されている場合があります。もちろん、しっかりと学んで施術されている方も沢山いらっしゃいますよ。

私はリラクゼーションなので、骨を直接触る治療などはしませんが、背骨を正しく動かしてくれる筋肉という名ガイドにいつも「お疲れ様、ありがとう」といって、休息と栄養を与えるつもりで施術しております。

どうか、あなたも自分のために頑張っている身体に「ありがとう」と言ってあげてくださいね!

筋肉ありがとう

もみほぐし店などに行かれる場合

不良姿勢②では背骨の弯曲が無くなり、フラットになっています。

ですので、気を付けたいポイントは。。。

  1. 縮んでしまった太もも裏(ハムストリングス)をしっかり伸ばしてもらうこと!
  2. 頭部がかなり前に出てるので、猫背対策の施術がいいですね。

さくらどろっぷでは、部分的ではなく、全身をほぐしながら、左右のバランスを整えることを心がけています。治療ではなく癒しをメインにしておりますので、骨の歪みがきつい時は、治療院などをおススメしています。

立った時の理想の姿勢をイラストにしてみました。簡単なので、一度チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご意見・感想・質問・間違いなどがございましたら、コメント頂けると幸いです。

スポンサーリンク

役に立ったと思ったらシェアお願いします。

フォローお願いします。

トップへ戻る