熱中症の応急処置の手順

熱中症の応急処置の手順

(環境省:熱中症環境保健マニュアルより)

もし私のまわりの人が熱中症になってしまったら……。そう思うと、居てもたってもいられなくなって、知識を頭に入れて置こうと思いました。

熱中症かもしれない人を見かけたら、最初の処置が大切ですので、落ち着いて、周りの状況を確かめて適切な処置をしたいですね!

では、見ていきましょう!

Check1

熱中症を疑う症状がありますか?

めまい失神筋肉痛筋肉の硬直大量の発汗頭痛不快感吐き気

嘔吐倦怠感虚脱感意識障害けいれん手足の運動障害高体温

yes
Check2

呼びかけに答えますか?

救急車を呼ぶ
yes arrowao
【対処】
涼しい場所へ避難し、服を緩め身体を冷やす
▶ 救急車が到着するまでの間に応急処置を始めましょう。呼び掛けへの反応がない場合には無理に水を飲ませてはいけません。
涼しい場所へ避難し、服をゆるめ身体を冷やす
Check3

水分を自力で摂取できますか?

arrowao
yes arrowao ▶ 氷のうがあれば、首、脇の下、太ももの付け根を集中的に冷やしましょう。
【対処】
水分・塩分を補給する
arrowao
▶ 大量に汗をかいている場合は、塩分の入ったスポーツドリンクや経口補水液、食塩水がよいでしょう arrowao
Check4

症状がよくなりましたか?

医療機関へ
yes ▶ 本人が倒れた時の状況を知っている人が付き添って、発症時の状態を伝えましょう
【対処】
そのまま安静にして、十分に休息をとり、回復したら帰宅しましょう

処置をすることがないまま、夏を越えたいですね。

 https://amzn.to/2LL1sGE

水に溶かすタイプの塩分を持ち歩いています。倒れた人が飴やタブレットを飲むのは難しく、危険だと思うので。。。

ご利用いただければ幸いです。

スポンサーリンク

役に立ったと思ったらシェアお願いします。

フォローお願いします。

トップへ戻る