健康の秘訣?毎日続けるには。。。

ながらストレッチシリーズ

本当に面倒くさがり屋の私は、筋トレ、運動、ダイエット。。。ちょっとでもしんどい・辛いと思ったら続かない、ヘタレな女です。そんな私でも辛うじて出来ることがストレッチ。

しかも、椅子に座りながら。。。布団の中で。。。立ちながら。。。全部 ”ながら” で出来ることなら出来るって具合です。で、これは出来るかもしれないというタイトルの本を見つけましたので。

今回は、ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる「軽楽すとれっち」という書籍の中から、7つのストレッチをピックアップしてみました。amazonの評価はかなりよくて、手に入れてみたのですが、結構ハードなものもあります。

朝と夜にするストレッチを分かりやすく説明。文字も大きく読みやすいのですが、超ずぼらさんの私にはできないなぁと思うストレッチも多く、筋トレ系もおおいかなぁ~汗、朝からは絶対無理。。。って、思ったのが、素直な感想です。

ただ、夜、寝る前に行うストレッチはとても簡単で、寝る前の数分間、自分にあったストレッチをいくつかピックアップすることで、取り入れやすいのではないかと思います。

私がピックアップした7つのストレッチは、主に首・背中・腰・膝から下を、頑張らずに出来るかなぁと思うものばかりです。

これはオススメではありませんが、スマホをみながらひざ下ブラブラなんかもできます。笑

参考書籍:軽・楽すとれっち(吉田真理子/ベースボールマガジン社)

  使用ストレッチ

P37『だるまストレッチ』

P55『脚組ストレッチ』

P113『ひざぷらぷら』

P132『肩周りのばし』

『首反らし』

P133『脇胸のばし』

『背中そらし』

※各ストレッチの詳細は下記でご紹介

『だるまストレッチ』

※足を抱え込むと、苦しい感じ(お腹と太ももがぶつかる、脚の付け根が詰まるなど)がする場合は、ひざを開いて抱えると腰の後ろに楽にのびを感じることができます。

『脚組ストレッチ』

※足の置き場所が異なると、股関節の奥ののびる場所もそれぞれ変わってきます。肩と脚の付け根と倒したときの膝の位置が一直線に。

ひざ痛に効く!『ひざプラプラ』

※一日ずっと立っていて、足先にたまったもの、ふくらはぎにたまったものを重力で下におろすような気持でやってみてね。できるだけ、深く足を組んで膝先は自由に動くようにやってみてね。痛みがあるときは、できる範囲で無理のないように。

『肩周りのばし』

※ ※ 背中や腰が膨らむように呼吸すること

『首反らしストレッチ』

背もたれのある椅子に寄りかかってやってもOK。 ひじは出来るだけ曲げない。両手を体で支え、大きく息を吸う。息を吐きながらゆっくりと首を後ろに反らす(3回深呼吸)。次に頭部を右に倒す(3回深呼吸)、左も同様に。※首肩頸椎に問題を抱えていたり痛みがある場合には実施しないこと。

『脇・胸のばし』

横向きに寝る。ひざを曲げて股関節が90度になるようにする。両手を前に出し、重ねる。上側の手を指先を見ながらゆっくりと大きく回していく。斜め45度のところで止める。胸ののびを感じながら3回深呼吸。下側の手と一直線になるところで止める。胸の伸びを感じながら3回深呼吸。2~3周。逆側も同様に行う。 腰が悪い人は無理に身体をひねらないこと

『背中ゆるめ』

※体操後に白湯を飲み、トイレに行ってしっかりと排泄することでデトックスが完了!

参考書籍:軽・楽すとれっち(吉田真理子/ベースボールマガジン社)

  使用ストレッチ

P37『だるまストレッチ』

P55『脚組ストレッチ』

P113『ひざぷらぷら』

P132『肩周りのばし』

『首反らし』

P133『脇胸のばし』

『背中そらし』

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ご意見・感想・質問・間違いなどがございましたら、コメント頂けると幸いです。

スポンサーリンク

役に立ったと思ったらシェアお願いします。

フォローお願いします。

トップへ戻る